【初期費用0円】Uber Eats加盟店登録をするなら今がチャンス!!
景品表示法に基づく表記

当サイトには一部プロモーションが含まれます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店登録や解約方法・デメリットなど!

ウーバーイーツ加盟店になるメリット Uber Eats

Uber Eats(ウーバーイーツ)の出店を検討している方の中には、どのようなメリットやデメリットがあるのかを知りたいという方は多いのではないでしょうか?

結論、Uber Eatsは登録手数料も解約手数料も0円なので、とりあえず登録をしてサービスを体験してみるのが一番オススメです。

この記事では、Uber Eatsの出店に関するメリットとデメリットを紹介するので、ぜひ加盟店登録の参考にしてください!

■この記事でわかること!
・Uber Eatsに出店するメリット
・Uber Eatsに出店するデメリット
・Uber Eats独自のサービス
困ったくん
困ったくん

「自分のお店でもUber Eatsの導入をしてみようかな〜」

USA
USA

「期間限定で登録手数料も解約手数料も無料なので早めに始めることをオススメします!」

\ 今なら登録手数料が無料  /Uber Eatsの加盟店登録ページはこちら

おすすめ!DAZN導入で集客アップ!

daznのイメージ

■飲食店がDAZNを導入するメリット!
・スポーツイベントで集客が可能に!
・固定チーム放映でリピーター増加!
・滞在時間アップで客単価増加!
まっすー
まっすー

まずは気軽に無料で問い合わせをしてみましょう!

お店の新しいキラーコンテンツになるかも!?

Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店のメリット

イメージ画像②

では本題のUber Eatsの加盟店になるメリットを確認していきましょう!

加盟店になるメリットは以下の7つです↓↓

  1. 登録費用・月額費用が0円!
  2. カード決済手数料はUber Eats負担!
  3. 解約金や違約金なし!
  4. 始めたい時も、休みたい時も自由!
  5. 店舗認知度の向上!
  6. インバウンド需要にも対応可能!
  7. Uber Eats専用ツールが優秀!

\ 今なら登録手数料が無料  /Uber Eatsの加盟店登録ページはこちら

登録費用・月額費用が0円!

Uber Eatsは登録費用が期間限定で0円です。(終了日未定)

また、月額費用も0円です。
仮に注文が入らなかったとしても赤字にはならないシステムになっています。

登録費用も月額費用も0円なので、気軽にフードデリバリーサービスを導入することができます!

カード決済手数料はUber Eats負担!

Uber Eatsはカード決済にも対応しているのですが、その際に発生するカード決済手数料はUber Eats負担となっています。

ちなみにUber Eatsはカードによる決済がほとんどです。

出前館ではカード決済手数料を2〜3%程度、店舗負担で支払う料金仕組みとなっているので、Uber Eatsで出店する1つの理由になります。

解約金や違約金なし!

Uber Eatsに出店後、仮にサービスを辞めたいと思ったとしても、解約金や違約金は一切発生しません。

登録手数料が無料の期間に出店をすれば、費用をかけずにUber Eatsのフードデリバリーサービスをお試し体験することができます!

始めたい時も、休みたい時も自由!

Uber Eatsは営業を始めたい時にタブレットをONにすればOKです。
逆に休みたい時はタブレットをOFFにするだけです。

好きな時間に注文が受けられるので、店舗の状況に合わせてUber Eatsを活用しましょう!

※1日の最低営業時間や、最低営業日数は守らなくてはいけないので注意!
詳しい出店の条件については下記の記事をご覧ください↓↓

店舗認知度の向上!

Uber Eatsのプラットフォームに店舗を掲載することで、今までにアプローチできなかったユーザーに名前を知ってもらえるので、店舗認知度の向上が期待できます!

Uber Eatsは国内最大手のフードデリバリーサービスなので、その広告宣伝費を固定費をかけずに行えるのは大きなメリットです。

飲食店だけでなく、食料品や日用品、花などの小売店も店舗認知度の向上に活用可能!

関連記事小売店もUber Eatsに出店可能!

インバウンド需要にも対応可能!

Uber Eatsは世界各国で展開しているフードデリバリーサービスなので、外国人旅行者がホテルで注文を行う時などの、インバウンド需要にも対応することができます!

国内発のフードデリバリーサービスにはない強みです。

Uber Eats専用ツールが優秀!

Uber Eatsにはレストランマネージャーという専用ツールがあります。

このレストランマネージャーが非常に優秀で、注文の履歴の確認や、営業時間などの変更をオンラインで行うことができます。

時間帯別の売上や商品別の売上構成比の算出なども行えるので、店舗分析やマーケティングの観点からも利便性が高いです!

まっすー
まっすー

売り上げの分析ができるので、仕込み量の設定などがしやすい!

Uber Eats(ウーバーイーツ)加盟店のデメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するデメリット

■Uber Eatsに出店するデメリット

  • 店舗のオペレーションが増える
  • デリバリー用の場所をとる
  • 登録から出店までに3ヶ月くらいかかる

\ 今なら登録手数料が無料  /Uber Eatsの加盟店登録ページはこちら

店舗のオペレーションが増える

今までデリバリーを導入していない店舗がUber Eatsに出店をした場合、オペレーションの数はかなり増えます。

なぜなら、店舗で提供している料理とテイクアウトで用意する料理はかなり性質が異なるからです。

具体的には、デリバリー用の容器に合わせた盛り付けや配達員との受渡のやりとりなどです。

また、それらのUber Eats用のオペレーションを各スタッフに教える、教育の労力も必要となります。

USA
USA

逆に、他のデリバリーサービスをすでに導入しているお店の場合は、それほどオペレーションは増えません!

デリバリー用の場所をとる

Uber Eatsを導入すると、タブレット端末やデリバリー用の容器やカトラリーを用意しなくてはならないので、キッチンの場所を取ります。

Uber Eatsの導入を検討している場合は、自分のお店の調理場にデリバリーに必要な備品を設置できる場所が確保できるかを確認しておきましょう!

USA
USA

すでに他のデリバリーサービスを利用している場合は、タブレットが追加されるだけで済みます!

登録から出店までに3ヶ月くらいかかる

Uber Eatsの出店には登録から3ヶ月くらいの時間がかかります。

必要書類の提出や、メニューの作成・提出などの準備が必要なためです。

いざ、出店したいと思ってもすぐに営業開始できるわけではないので、出店を検討している人は今の内に資料請求だけでも済ませおきましょう!

USA
USA

資料請求は無料でできますよ!

Uber Eats加盟店の解約方法

■Uber Eats加盟店の解約方法
「r.jp@uber.com」にメールで解約申請をする

Uber Eats加盟店を解約したいという方はUber Eatsのサポートセンターのメールアドレス「r.jp@uber.com」宛に解約する旨を伝えるメールを送りましょう。

解約にかかるまでの期間は明確には定められておらず、混雑状況によっては1ヶ月以上かかる場合もあるので、早めの行動をおすすめします。

まっすー
まっすー

解約する1ヶ月以上前にはサポートに連絡するようにしましょう!

解約申請をする際に下記の情報をメールの本文に記載すると、その後の対応がスムーズです!

  1. 加盟しているレストランの名前
  2. 店舗のメールアドレス
  3. 店舗の電話番号
  4. 店舗の住所
  5. 担当者の名前
まっすー
まっすー

解約金や違約金などはないので、解約時にかかる費用は0円です!

\ 今なら登録手数料が無料  /Uber Eatsの加盟店登録ページはこちら

24時間対応エリアがスタート!

ウーバーイーツ24時間対応エリア

Uber Eatsは2023年8月23日(水)より、東京、大阪を含む全国12都市の対象店舗において、24時間いつでも利用できるサービスが開始となりました。

24時間営業はお客様へのメリットはもちろんのこと、レストラン側のオンライン経由での売上アップにも期待できる施策です。

すでに24時間営業をしているレストランの方は純粋な売上機会の創出につながるので、ぜひ加盟店登録を検討してみてください!

まとめ:Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店をするメリット

イメージ画像③

Uber Eats(ウーバーイーツ)に加盟店登録するメリットについてまとめましたがいかがでしたでしょうか?

Uber Eatsの加盟店登録は期間限定で0円(終了日未定)で行うことができて、解約手数料や違約金も一切ないので、この機会にお試しで始めてみることをオススメします!

\ 今なら登録手数料が無料  /Uber Eatsの加盟店登録ページはこちら

Uber Eatsの加盟店登録についてもっと詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください↓↓

最後までご覧いただきありがとうございました!

■フードデリバリーサービスの導入を検討している方にオススメの記事

■スタッフを十分に働かせてあげられていない飲食店の方へ

現状、お店のスタッフの方をなかなか働かせてあげられていない、飲食店の方も多いのではないでしょうか?

とはいえ、今後客数が戻って来た時のことを想定すると、スタッフの人数は揃えておきたいところだと思います。

フードデリバリーなら、働く時間も日数も自由なので、客数が少なく、お店で働けない状況の今だけ働くにはもってこいです。

当サイトでは、フードデリバリー配達員に向けた情報も発信しているので良かったらスタッフの方にオススメしてはいかがでしょうか?

参考記事は以下からどうぞ↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました